【時短】家事を効率化し楽にする方法【減らすアイデア・コツ23選】

この記事は約12分で読めます。
kourituka

多くの人が家事を効率的にこなし、負担を軽減したいと考えています。生活に欠かせない家事でも、工夫次第で効率化できることがあります。家事を効率化することで、日々の負担が減り、ストレスが軽減されるかもしれません。

この記事では、家事を効率化するためのアイデアを23選ご紹介します。食材調達のコツから、洗濯や掃除の手間を減らす方法まで、快適な生活を送るためのヒントが満載です。

また、賢く手を抜きながら家事を効率的にこなすテクニックも紹介していますので、ぜひ最後までお読みください。

この記事では、下記内容を理解・解決できます。

家事を効率化する前に考えるべき重要なポイント

【料理版】の家事の効率化が進み楽にするアイデア&コツ5選

【洗濯版】の家事の効率化が進み楽にするアイデア&コツ7選

【掃除版】の家事の効率化が進み楽にするアイデア&コツ9選

完璧な家事は不要!効率よく手抜きができる2つの時短術

家事に困った時は、いっそ家事代行サービス利用も検討

それでは早速解説していきます!

zikoshoukai

  1. 家事を効率化する前に考えるべき重要なポイント
  2. 【ストレスフリーな料理時短テクニック】家事効率化が進み楽にするアイデア&コツ5選
    1. 1.献立のルーティン化
    2. 2.1週間分の食材をネットスーパーで調達
    3. 3.一食分を多めに作って翌日のランチに
    4. 4.時短レシピやレトルトを活用する
    5. 5.便利な調理器具や調味料を活用する
  3. 【ストレスフリーな洗濯時短テクニック】家事効率化が進み楽にするアイデア&コツ7選
    1. 1. その日に使うものはたたまない
    2. 2. 滑り止めハンガーを使用してそのままクローゼットに
    3. 3. 衣類の吊るし収納を採用する
    4. 4. ジェルボール洗剤に切り替える
    5. 5. 小物はネットに入れて洗濯する
    6. 6. 部屋干しや浴室乾燥・ドラム式乾燥機を活用する
    7. 7. 起床時間に合わせてタイマーをセットする
  4. 【ストレスフリーな掃除時短テクニック】家事効率化が進み楽にするアイデア&コツ9選
    1. 1. 机の近くに掃除道具を常備する
    2. 2. キッチン掃除は汚れを溜めない工夫をする
    3. 3. 週に一回、トイレ掃除を効率的に行う
    4. 4. 使ったらすぐ掃除する習慣を身につける
    5. 5. 目の前のゴミだけ片付ける
    6. 6. 毎日1カ所5分だけ掃除する
    7. 7. 新たな掃除アイテムを導入する
    8. 8. 「ゆったり収納」を心掛ける
    9. 9. 上から下へ掃除する
  5. 完璧な家事は不要!効率よく手抜きができる2つの時短術
    1. 1. やらない家事を決める
    2. 2. 便利なアイテムを導入する
  6. 家事に困った時は、いっそ家事代行サービスの利用を検討しよう
  7. 家事の負担を軽減して心と時間に余裕を持とう
  8. 家事を楽にするための効果的な方法まとめ

家事を効率化する前に考えるべき重要なポイント

「名もなき家事」は、日常生活の中で多くの時間を占めています。しかし、便利な家電を導入するだけでは、家事を効率的にこなすことは難しいかもしれません。

効率的な家事のために、1人で全てを担うのではなく、家族やパートナーと協力することが重要です。実際のアイデアを実行する前に、タスクを可視化し、準備を整える必要があります。家事を効率化する前に考えるべき重要なポイントには、以下のことが挙げられます。

  1. 負担となる家事を洗い出し、解決策を検討する。
  2. 「名もなき家事」を具体的にリストアップし、認識する。
  3. 家事の担当を決めてスケジュールを組む。
  4. 家事の優先順位を決定する。
  5. 当日に行う家事をリストアップする。

毎日の家事を細分化し、整理することで、負担となる要素を明確に認識できます。

完璧な効率化を目指すのは難しいかもしれませんが、家事を可視化することで負担を軽減するアイデアが生まれるかもしれません。例えば、便利な家電を導入するなど、具体的な解決策が見つかるかもしれません。

また、一日の中で行う家事の種類は多岐にわたります。家事の優先順位を決めることは、効率化の鍵の一つです。例えば、毎日行う料理と、大掃除のような家事では、優先度が異なります。

優先度を決めることで、その日に行うべき家事と後回しにできる家事が明確になります。これにより、一日のスケジュールを立てやすくなり、家事を効率化する際には優先度を考慮することが重要です。

さらに、一日の中で行うべき家事をリストアップすることで、頭の中を整理することができます。この情報を元に、チェックリストなどを作成することで、やるべき家事を可視化できます。特定の曜日に行う家事などは、一日や一週間単位でリストアップすると便利です。

【ストレスフリーな料理時短テクニック】家事効率化が進み楽にするアイデア&コツ5選

経済的な観点や栄養バランスを考慮して自炊をしたいと思っても、毎日の料理は続けるのが難しいことがあります。そんなときに役立つ時短テクニックを活用して、毎日の料理を楽にしましょう。食事は大切ですが、忙しい日々の中で手の込んだ料理を作るのは大変ですし、ストレスに感じることもあります。

ここでは、料理の段階から食材の管理まで、家事効率化のアイデアとコツを5つご紹介します。これらを実践することで、料理の負担を軽減し、無駄な時間や費用を節約することができます。

1.献立のルーティン化

    最初のアイデアは、献立をあらかじめ決めてルーティン化することです。献立を毎日考えることはストレスの原因になりますし、食材の無駄も生みます。そこで、1週間分の献立を予め考えておくことをおすすめします。具体的な料理名まで決める必要はありませんが、お肉とお魚を交互に、金曜日はホットプレートを使った料理、週末はカレーや煮込み料理など、大まかな献立を決めておくと、メニューを考える手間が省けます。朝食もパンとフルーツ、またはおにぎりと汁物など、セットで決めてしまうとさらに楽になります。

    2.1週間分の食材をネットスーパーで調達

      1週間分の食材をネットスーパーでまとめて購入することも一つのアイデアです。毎日の買い物は手間がかかりますし、意外と時間がかかります。ネットスーパーを利用すると、まとめ買いすれば配送料が無料になることも多いですし、買い物にかかる時間も節約できます。また、広告の商品に惑わされることもなく、食品ロスも減らせます。オンラインマーケットでは、レシピと一緒に食材を購入できる場合もあります。

      【kit Oisix】20分で2品作れます♪

      3.一食分を多めに作って翌日のランチに

        夕食を多めに作って、余った分を翌日のランチに利用するのも効率化のアイデアです。毎日キッチンに立つ回数が減りますし、外食をしなくて済むため節約にもなります。朝食にも活用できる汁物を多く作っておくと、朝ごはんにも使えます。また、休日を利用して1週間分の副菜を作り置きしておくのもおすすめです。

        4.時短レシピやレトルトを活用する

          忙しい日には時短レシピやレトルト食品を活用しましょう。手作りできるといいですが、時には負担が大きくなることもあります。時短レシピやレトルトを活用することで、負担を減らせます。また、カット野菜や手作り風にアレンジすることで、レトルト食品を利用しても美味しい料理を作ることができます。

          5.便利な調理器具や調味料を活用する

            使い慣れた調理器具や調味料を見直してみるのも効率化のポイントです。泡だて器を自動に変えたり、焦げ付きにくいフライパンに変えたりすることで、料理が楽になることがあります。また、汎用性の高い調味料を活用することも大切です。

            【ストレスフリーな洗濯時短テクニック】家事効率化が進み楽にするアイデア&コツ7選

            洗濯は日常的に行う家事のひとつですが、その手間を減らしていくことでストレスを軽減しましょう。洗濯作業は洗濯機が担ってくれますが、細かな作業がついています。干す・たたむ・しまう・洗剤を補充するなど、特に夏場は頻繁に行うことがあります。そのため、工程を見直して効率化することが重要です。以下では、そのためのアイデアとコツを7つ紹介します。

            1. その日に使うものはたたまない

            その日に使用する衣類は、たたまずに脱衣場やバスルームの近くに置いておくことをおすすめします。たたまなくても問題ないものは、カゴにまとめて収納する方法も効果的です。特に大家族の場合、一枚ずつたたむ手間が省けます。

            2. 滑り止めハンガーを使用してそのままクローゼットに

            シャツやTシャツなどのトップスは、滑り止めハンガーを使用すると干したままクローゼットにかけられます。これにより、たたむ手間が省けます。特に子供服や薄手の服において効果的です。

            3. 衣類の吊るし収納を採用する

            衣類をたたむ手間を減らすためには、衣類の吊るし収納を採用することを検討しましょう。吊るし収納をすることで、畳む必要がなくなり、時間と手間を節約できます。

            4. ジェルボール洗剤に切り替える

            ジェルボール洗剤に切り替えることで、洗剤の量り分けや詰め替えの手間を省くことができます。また、ジェルボール洗剤は一般的に1回のすすぎで済むため、家事の時短や節水にも貢献します。

            5. 小物はネットに入れて洗濯する

            靴下や下着、ハンカチなどの小物は、ネットに入れて洗濯することで、洗濯機内で紛失する心配がありません。これにより、探す手間を省くことができます。

            6. 部屋干しや浴室乾燥・ドラム式乾燥機を活用する

            洗濯物の干し方も工夫次第で効率化できます。部屋干しや浴室乾燥、ドラム式乾燥機などを活用することで、干し場までの移動距離を減らし、楽に洗濯を行うことができます。

            ちなみに私のおすすめドラム式洗濯機はこちらです。

            シャープ 洗濯機 ドラム式 ES-W114-SR ハイブリッド乾燥 右開き(ヒンジ右) DDインバーター搭載 洗剤自動投入 シルバー 

            7. 起床時間に合わせてタイマーをセットする

            洗濯機のタイマー機能を活用して、起床時間に洗濯を始めることで、起きた時には洗濯物を干すだけで済みます。これにより、洗濯作業の段取りがスムーズになります。

            これらのアイデアとコツを取り入れることで、洗濯作業を効率化し、ストレスなく行うことができます。

            【ストレスフリーな掃除時短テクニック】家事効率化が進み楽にするアイデア&コツ9選

            汚れが蓄積されると、掃除が大変になります。ですから、効率的な掃除方法を工夫することが重要です。

            1. 机の近くに掃除道具を常備する

            机やダイニングテーブルの近くに掃除道具を常備すると、汚れやホコリが気になった際にすぐに取り除けます。ハンディモップや卓上型ハンディクリーナー、洗面所にキッチンクロスを置くなど、気づいたときにサッと掃除できるように工夫しましょう。

            2. キッチン掃除は汚れを溜めない工夫をする

            キッチンは毎日使う場所なので、汚れを溜めない工夫が重要です。カビ汚れ防止マスキングテープを使ったり、油跳ねガードを設置したり、ヌメリの原因になる三角コーナーを避けるなど、汚れを溜めにくい環境を整えましょう。

            3. 週に一回、トイレ掃除を効率的に行う

            週に一回、まとめてトイレ掃除を行いましょう。便座の裏や便器のフチ上、フチ裏一周、そして床など、汚れやすい箇所をピンポイントで掃除します。これにより、効率的にトイレを清潔に保つことができます。

            4. 使ったらすぐ掃除する習慣を身につける

            使ったものや場所は、すぐに掃除する習慣を身につけましょう。お風呂から出た後や電子レンジを使用した後、コンロが汚れたらすぐに拭くなど、使ったらすぐに掃除することで汚れを溜めずに済みます。

            5. 目の前のゴミだけ片付ける

            ゴミや汚れがたまらないようにするためには、目の前のゴミや汚れに気づいたらすぐに片付ける習慣を身につけましょう。トイレやお風呂、キッチンのシンクなど、出るタイミングでサッと掃除することがポイントです。

            6. 毎日1カ所5分だけ掃除する

            毎日の掃除を負担に感じないように、毎日1カ所だけ5分間掃除する習慣を身につけましょう。玄関や洗面所、子ども部屋など、毎日決まった場所を掃除することで、家全体をきれいに保つことができます。

            7. 新たな掃除アイテムを導入する

            掃除を効率化するためには、最新の掃除アイテムを導入することも重要です。お掃除ロボットやハンディクリーナーなどの家電を活用すると、手軽に掃除ができます。

            8. 「ゆったり収納」を心掛ける

            家具や収納方法を工夫して、掃除しやすい環境を整えましょう。スペースを作り、物をきちんと収納することで、掃除がしやすくなります。

            9. 上から下へ掃除する

            掃除を効率的に行うためには、上から下へ掃除することがポイントです。ホコリや汚れは上から下へ落ちるため、照明や棚の上から掃除を始めましょう。

            これらのアイデアとコツを取り入れることで、掃除作業をストレスなく効率的に行うことができます。

            完璧を求める家事に時間を費やすのはもう終わりです。効率的な家事をするためには、手を抜くことも重要です。手抜きの方法として、やらない家事を決めたり、便利なアイテムを導入したりすることが挙げられます。

            完璧な家事は不要!効率よく手抜きができる2つの時短術

            1. やらない家事を決める

            毎日の家事を効率的にするだけでなく、やらない家事を明確にすることも重要です。洗濯物をたたまない、野菜の下ごしらえをカット野菜で済ませるなど、家事の量を減らすことで効率化が図れます。また、家事代行を利用したり、料理の作り置きや水回りの掃除を自分で行わないという選択肢もあります。

            やらない家事を決めることで、日々の負担を軽減し、時間に余裕を持つことができます。

            2. 便利なアイテムを導入する

            便利なアイテムの導入は、家事を効率化するだけでなく、ストレスを軽減するのに役立ちます。家事の負担と感じる部分に導入することで、効果を得やすくなります。例えば、ロボット掃除機や衣類乾燥機付きのドラム式洗濯機、生ごみ処理システムディスポーザーなどがあります。

            ロボット掃除機を使ってリビングを掃除したり、衣類乾燥機を利用して干す手間を省いたりすることができます。また、ディスポーザーを導入すれば、生ごみ処理が簡単になり、シンク内も清潔に保つことができます。

            衛生的で快適な環境を保つことは、心地よい生活を送るために重要です。便利なアイテムを導入して家事の効率化を図り、より快適な生活を実現しましょう。

            家事に困った時は、いっそ家事代行サービスの利用を検討しよう

            家事に手を焼く時に利用できるサービスは、以下のようなものがあります。

            1. ハウスクリーニング
            2. 家事代行
            3. トランクルーム

            掃除の時間が取れない場合や、物や汚れが溜まってしまって自分では対処しきれない場合は、ハウスクリーニングを頼んでみましょう。

            ハウスクリーニングやエアコンクリーニングはプロにおまかせ!【ユアマイスター】

            また、家事代行サービスを利用すれば、掃除だけでなく洗濯や料理、食事の準備なども任せることができます。日々の家事の負担を軽減する助けになります。

            お財布と心が笑顔になる家事代行サービスCaSy

            家の中が物で溢れて片付けや掃除が難しい場合は、トランクルームを利用することもおすすめです。季節ごとに使う衣類や、特定のアクティビティでのみ使用するものをトランクルームに収納し、家の中をすっきりさせましょう。物の量が減れば片付けも楽になります。

            北海道から九州まで展開する、屋外収納用貸コンテナ

            家事は代行業者へ任せて、できた時間を別の兼業などに費やすと、家事代行費を簡単に賄えるようにもなり、さらに効率的な生活に繋がります
            在宅でできる副業は、非常に主婦の方や出社が出来ない方などにもマッチしていると思います。人と会わないで済むので、人間関係のトラブルや、いらない対応・世間話をする必要がありません。
            私も現在下記の兼業を行っていますが、チャット対応のみのため、ストレスフリーで楽しく行っています。おすすめです。

            在宅で出来る×技術が身に付く×蓄積不労所得化×高コスパのおすすめ副業
            サムネイル副業 
            kindle出版副業

            家事の負担を軽減して心と時間に余裕を持とう

            家事が楽になれば、時間にも心にも余裕が生まれます。趣味に没頭したり、自己成長に取り組んだり、リラックスしたりと、自分の時間を有効活用できます。また、家事のストレスが軽減され、家族とのコミュニケーションも増え、家庭内の雰囲気も良好になるでしょう。

            家事を楽にするための効果的な方法まとめ

            matomeketuronn600・440

            家事を楽にするためには、汚れやゴミを放置せず、使ったらすぐに片付ける習慣を身につけることが大切です。さらに、食材の保存や収納の工夫をすることで、料理や洗濯もスムーズに行えます。

            家事を楽にするための効果的な方法をまとめると、以下のポイントが挙げられます。

            1. 家族やパートナーと協力することが重要。
            2. 家事を可視化し、準備を整える。
            3. 家事の優先順位を決めてスケジュールを組む。
            4. やらない家事を決めることも効果的。
            5. 便利なアイテムを導入して効率化する。
            6. 効率的な掃除や洗濯、料理の方法を取り入れる。

            これらのポイントを考慮しながら、家事を効率化してストレスを軽減しましょう。家事の負担が軽減されると、自分の時間を有効活用できるだけでなく、家族とのコミュニケーションも増え、より快適な生活を送ることができます。

            コメント