【在宅職種】リモートワークできるおすすめ仕事内容11選【フルテレワーク可能・必要資格は?】

この記事は約16分で読めます。
rimo-to1280.720

【在宅勤務・在宅ワーク・リモートワーク・テレワーク】の仕事がしたい人へ向けて、種類や仕事内容の一覧を紹介している内容となっております。

この記事では下記のことがわかります。

・リモートワーク は何があるのかがわかる
・リモートワークの仕事内容がわかる
・リモートワークの職種や種類の一覧を紹介、まとめてわかる
・リモートワークをする上で資格は必要か、必要なスキルがわかる
・リモートワーク職へ転職する方法についてわかる
・リモートワークのおすすめ職種ランキングについてわかる

それでは、早速紹介していきます!

zikoshoukai

  1. 【在宅勤務・在宅ワーク・リモートワーク・テレワーク】 は何があるのか?どんな感じ?
    1. リモートワークのメリットについて
  2. 【在宅勤務・在宅ワーク・リモートワーク・テレワーク】 の仕事内容って何?
  3. 【在宅勤務・在宅ワーク・リモートワーク・テレワーク】可能な職種や種類の一覧紹介!(まとめてわかる表付き)
    1. IT系全般(エンジニア・デザイナー・ライター・動画クリエイター・webマーケターなど)
    2. 営業(インサイドセールス)
    3. 総務、経理、人事などのサポート職種
  4. 【在宅勤務・在宅ワーク・リモートワーク・テレワーク】をする上で資格は必要?必要なスキルを紹介!
  5. 【在宅勤務・在宅ワーク・リモートワーク・テレワーク】職へ転職する方法について紹介
    1. リモートワークに転職したい人がやるべきお勧めの内容3選
  6. 【在宅勤務・在宅ワーク・リモートワーク・テレワーク】のおすすめ在宅職種ランキング11選について紹介
    1. SE(システムエンジニア)、プログラマー
    2. PM(プロジェクトマネージャー)
    3. Webマーケター
    4. Webデザイナー
    5. エディター、ライター
    6. データアナリスト、データサイエンティスト
    7. コンサルタント
    8. 営業
    9. カスタマーサポート
    10. 経理や総務などの事務系
    11. カウンセラー
  7. 現職を継続し、辞めずにリモート兼業という手もある
  8. リモートワークできるおすすめ仕事内容 まとめ

【在宅勤務・在宅ワーク・リモートワーク・テレワーク】 は何があるのか?どんな感じ?

リモートワークのメリットについて

メリット1. 時間の効率的な活用

通勤時間が不要になるため、柔軟な働き方が可能になります。

仕事に集中し、その他の時間を自己啓発や家族との時間に使うことで、生活の質を高めることができます。また、十分な睡眠を確保することで、健康的な生活を維持することができるでしょう。

ただし、リモートワークにはコミュニケーションの難しさが伴います。

職場では、同僚や上司と直接会話することで業務を円滑に進めることができますが、リモートではそれが難しくなります。上司や先輩に気軽に質問できないため、業務の進行が滞ったり、他のメンバーの動向が把握しづらいことがあります。このため、スキルの習得やモチベーションの維持が課題となることがあります。

この問題を解決するためには、企業側がコミュニケーションツールを整備し、適切なマネジメント体制を構築することが重要です。

メリット2. ライフステージに応じた柔軟な働き方

働く中で、結婚や出産などのライフステージの変化に対応する必要があります。リモートワークは時間の自由度が高く、家庭と仕事の両立をしやすくします。

子育てや介護、病気の療養中でも、仕事を続けやすい環境を整えることが可能です。

ただし、制度の運用が不十分であると、リモートワークが実現しにくいことがあります。制度があっても実際に利用されていないケースや、特定の理由がないと利用できない制約があることが多いです。また、自宅での業務環境が整っていないために、実際には出社が必要になることもあります。

制度の運用状況や職場の風土を確認することが大切です。実際に制度がどのように運用されているか、社員の声を聞くことも重要です。

リモートワーク環境の確認方法

リモートワーク制度の有無は、企業の働きやすさを見極めるポイントです。従業員同士のコミュニケーションが円滑に行える環境や、制度の実効性を確認することで、その企業の働き方への姿勢を理解できます。

インターンシップやOB・OG訪問などを通じて、実際の働き方を知ることが有益です。「どの程度の頻度でリモートワークが利用されているか」「申請や承認の手続きはどうなっているか」「使用されているコミュニケーションツールは何か」「利用や対象に制限はあるか」などを確認しましょう。また、「教育制度や求められる成果」についても質問すると良いでしょう。これにより、単なる制度の有無ではなく、実際の働きやすさを見極めることができます。

リモートワークの普及状況

(※ここからは、在宅勤務、在宅ワーク、テレワークを一括してリモートワークと表記します。)

業種別のリモートワーク実施率(2020年11月時点)を見ると、「情報通信業(55.7%)」「学術研究、専門・技術サービス業(43.2%)」「金融業、保険業(30.2%)」などで高い実施率を示しています。一方で、「医療、介護、福祉(4.3%)」「宿泊業、飲食サービス業(11.1%)」「運輸業、郵便業(11.3%)」では、実施率が低いのが現状です。

リモートワークを希望する場合、業種によってその実現可能性が大きく異なることを念頭に置く必要があります。


このように、リモートワークには多くのメリットがありますが、その実現には企業の制度運用と職場環境の整備が重要です。リモートワークを希望する際には、企業の対応状況をしっかり確認しましょう。

【在宅勤務・在宅ワーク・リモートワーク・テレワーク】 の仕事内容って何?

リモートワークは、基本的にPCなどで対応できる内容の仕事が主となります。

例えば、資料の作成や顧客との打ち合わせ等、オンラインで完結できる仕事全般です。
パソコンがあって、ネットが利用できさえすれば、会社などへ出向かなくても仕事を進められます。

顧客へのサービス提供、問い合わせ対応なども可能になります。

【在宅勤務・在宅ワーク・リモートワーク・テレワーク】可能な職種や種類の一覧紹介!(まとめてわかる表付き)

リモートワークができる職種は、主に下記の職種になると思います。
PCさえあれば仕事が完結できる職種です。

・IT系全般(エンジニア・デザイナー・ライター・動画クリエイターなど)
・営業(インサイドセールス)
・総務、経理、人事などのサポート職種

IT系全般(エンジニア・デザイナー・ライター・動画クリエイター・webマーケターなど)

エンジニア・デザイナー・ライター・動画クリエイターなどはテレワークできる代表職種です。
サラリーマンでも「在宅勤務」「フルリモート」という選択肢があるので、入社後すぐに在宅勤務も可能な会社もあります。
PCとITツールがあれば、リモートワークで仕事が可能です。
場合によっては、夜遅くまで残業が発生する場合もあります。しかしワークライフバランスをコントロールしやすいこともあり、リモートワークが可能なIT系全般を目指す人も多いです。

63c27e14d3e27e6fd588cdf9_100_

デザイナーも、タブレットなどがあれば問題なかったり、webデザイナーは、HPのデザイン、 LP(ランディングページ)対応の場合、PC・タブレットなどがあれば在宅で問題なく作成できます。

ちなみに、初心者でも在宅できるデザインの技術がついて、尚且つ簡単に始めることが可能なPhotoshopを使用した副業も紹介していますので、興味があればみていってください。

samuneiru

【誰でも月30万可能】YouTubeサムネイル作成副業の始め方ロードマップ【在宅で稼ぐ仕事・単価から案件取得まで】

また、ライター業もPCさえあればリモートワーク可能な業種です。

こちらを目指す場合は、まずは自身のブログを始めるところからかと思います。
ある程度PV(閲覧数)を伸ばせるようになれば、収益にもなりますし、転職時の実績にもつながります。

【もっとも簡単に進める】ブログで収益5万稼ぐための始め方ガイド【完全ロードマップ・副業】

【最短手順】エックスサーバーのブログの始め方【簡単開設まとめ】


営業(インサイドセールス)

営業の仕事はテレワークは難しそう。思いがちですが、実はリモートワークに適応できる職種なんです。
・カメラ付きのPC
・チャットツールやソフトの導入
・電話

この機器さえあれば、問題なく営業はリモートワークできるようになります。ちなみに在宅での営業形態をインサイドセールスといいます。

総務、経理、人事などのサポート職種

総務・経理・人事などもPCでの処理がメインのため、リモートワーク対応可能職種です。
ただ、タイミングによっては、他の職種よりも出勤することがあると思いますが、大半の仕事はリモートワーク可能です。

PC・会計ソフト・ITツール等揃っていれば対応が可能です。
しかし、月末月初などは、忙しかったり請求書などの紙での仕事が発生することがあり、出勤しないといけないケースもあります。

【在宅勤務・在宅ワーク・リモートワーク・テレワーク】をする上で資格は必要?必要なスキルを紹介!

基本的にリモートワーク仕事で必要な資格はありません。
必要なのは

・家で自分でPC周りを設定できる
・webや機器でのトラブルにある程度対処できる
・独自の知識をある程度持っている(プログラミング知識・デザインソフト使用知識・経理知識など)

ことが必要になってくるかと思います。
特に、未経験で最初からフルリモートを開始させる会社はあまりないかと思います。
研修などで、1~3か月ほどの出社は、フルリモートの会社でもあります。

もし、転職する前に技術を備えたい方は、下記の様なweb講習学習もありますので、こちらを受講して経験者として採用される方法を検討してみるのも一つの手になります。


【在宅勤務・在宅ワーク・リモートワーク・テレワーク】職へ転職する方法について紹介

リモートワークに転職したい人がやるべきお勧めの内容3選

リモートワークへの転職を考えているならば、まずはこの3つを進めてみましょう。

リモートワークを希望する理由を具体的に考える

在宅で働くことを希望する場合、その必要性を面接で具体的に説明できるように準備しましょう。なぜリモートワークでなければならないのかを事前に伝えることで、入社後のギャップやミスマッチを防ぐことができます。

リモートワークを希望する人は多いですが、「通勤時間を短縮したい」という理由よりも、「小さな子どもの世話が必要だから」という理由のほうが、面接官に納得してもらいやすいでしょう。

自分のスキルを整理する

リモートワークへの転職は競争が激しいため、他の応募者に対して優位に立つには、自分のスキルや実績をしっかりと把握し、アピールできるように準備しておくことが重要です。

高いスキルを持つ人材であれば、「リモートでもこの人を採用したい」と思ってもらえる可能性が高まります。

初めからリモートワークができるとは限らない

入社直後からリモートワークが許可されるとは限りません。むしろ、仕事に慣れるまでの期間はオフィス出社が求められる場合が多いです。

ただし、リモートワークになると他の社員と直接顔を合わせる機会が減り、業務上のコミュニケーションが取りにくくなることがあります。そのため、オフィス勤務の期間を単なる慣らし期間と考えるのではなく、他の社員との信頼関係を築く重要な期間として活用しましょう。

在宅ワーク求人を探すための方法

在宅ワークの求人情報は、様々な求人媒体で見つけることができます。以下に、転職先を見つけるために活用できるウェブサイトやその他の方法を紹介します。

転職サイト

複数の企業の求人情報が掲載されている転職サイトでは、在宅ワーク可能な求人も掲載されています。「在宅勤務制度」や「リモートワーク」をキーワードに検索すると、該当する求人情報を見つけやすいです。

マーケティング特化サイトは下記がおすすめです。

【マスメディアン】

転職エージェント

転職エージェントでは、キャリアアドバイザーが求人情報を紹介してくれます。リモートワークを希望していることを伝えれば、希望に合った求人を紹介してもらえるでしょう。

20台の方などは実際に働いて経験を積んで、フルリモートの会社に転職するのも具体的なルートでおすすめとなります。

20代・第二新卒・既卒の転職ならマイナビジョブ20’s!!

アルバイトサイト

アルバイト求人サイトには、パートタイムやアルバイトなど非正規雇用の在宅ワークが掲載されていることがあります。「在宅」などの条件で検索して、自分に合った職種や仕事内容を探しましょう。

ハローワーク

ハローワークでも在宅ワークの求人情報を取り扱っていることがあります。転職サイトほど多くはないかもしれませんが、相談員に直接相談できるメリットがあります。相談員が企業に問い合わせてくれることもあり、交渉次第では在宅ワークが認められる可能性もあります。

クラウドソーシングサイト

クラウドソーシングサイトには、在宅ワークの案件が多く掲載されています。これらのサイトを利用する場合、企業との直接雇用ではなく、クラウドソーシングサイトを通じての業務委託が主です。

下記の大手アウトソーシングサイトに登録しておけば、間違いないかと思います。

企業の公式採用ホームページ

興味のある企業の公式採用ホームページもチェックしましょう。公式サイトでは、在宅ワーク可能な求人が募集されていることがあります。

人からの紹介

ウェブ媒体だけでなく、友人や知人からの紹介で在宅ワークを見つけることもできます。すでにリモートワークをしている知り合いがいれば、紹介してもらえるか相談してみましょう。

【在宅勤務・在宅ワーク・リモートワーク・テレワーク】のおすすめ在宅職種ランキング11選について紹介

リモートワークに適した以下の11職種について、仕事内容や平均年収、在宅勤務が可能な理由を解説します。

SE(システムエンジニア)、プログラマー

  • 仕事内容: システム開発業務の中心で、要件定義、システム設計、運用テストを担います。プログラマーは、SEの設計に基づきプログラミングを実行します。
  • テレワークが可能な理由: パソコンを使う仕事がメインで、進捗や品質もリモートで把握しやすい。
  • 平均年収: SEが約498万円、プログラマーが約423万円。
  • 転職のしやすさ(職種難易度): 中程度。専門スキルが必要なため、経験者が有利。
  • この仕事に向いている人: 論理的思考が得意で、細部まで注意を払える人。

PM(プロジェクトマネージャー)

  • 仕事内容: プロジェクト全体を管理し、進行管理や予算管理、工数調整を実施します。
  • テレワークが可能な理由: 管理ツールが充実しており、リモートでも業務が可能。
  • 平均年収: 約618万円。
  • 転職のしやすさ(職種難易度): 難しい。豊富な経験と高い管理能力が求められます。
  • この仕事に向いている人: リーダーシップがあり、複数のタスクを効率的に管理できる人。

Webマーケター

  • 仕事内容: データ分析、企画や施策の立案、Webサイトの改善や広告出稿など。
  • テレワークが可能な理由: データ分析や企画立案がPC上で可能。
  • 平均年収: 約499万円。
  • 転職のしやすさ(職種難易度): 中程度。デジタルマーケティングの知識があると有利。
  • この仕事に向いている人: データ分析が得意で、マーケティングに興味がある人。

Webデザイナー

  • 仕事内容: Webサイトやコンテンツ、サービスのUIデザイン。
  • テレワークが可能な理由: デザイン作業がPCで完結するため。
  • 平均年収: 約444万円。
  • 転職のしやすさ(職種難易度): 中程度。デザインスキルとポートフォリオが重要。
  • この仕事に向いている人: 創造力が豊かで、デザインソフトの使用に慣れている人。

エディター、ライター

  • 仕事内容: 記事の執筆、編集、校正、進行管理。
  • テレワークが可能な理由: 文章作成とリサーチがPC上で可能。
  • 平均年収: ライターが約419万円、エディターが約498万円。
  • 転職のしやすさ(職種難易度): 中程度。文章力と編集スキルが求められる。
  • この仕事に向いている人: 文章を書くのが好きで、細かいチェックが得意な人。

データアナリスト、データサイエンティスト

  • 仕事内容: ビッグデータの解析、ビジネス課題の可視化、経営助言。
  • テレワークが可能な理由: データ分析作業がPCで行えるため。
  • 平均年収: データアナリストが約669万円、データサイエンティストが約695万円。
  • 転職のしやすさ(職種難易度): 難しい。高度な分析スキルと専門知識が必要。
  • この仕事に向いている人: 数字に強く、データ分析が得意な人。

コンサルタント

  • 仕事内容: ビジネス課題解決の助言、システムの最適化。
  • テレワークが可能な理由: データ分析や資料作成がリモートで可能。
  • 平均年収: 約473万円。
  • 転職のしやすさ(職種難易度): 難しい。専門知識と経験が重要。
  • この仕事に向いている人: 問題解決が得意で、対人スキルが高い人。

営業

  • 仕事内容: 新規顧客との商談、既存顧客のフォロー、契約書作成。
  • テレワークが可能な理由: Web会議ツールの利用でオンライン営業が可能。
  • 平均年収: 約389万円。
  • 転職のしやすさ(職種難易度): 中程度。コミュニケーションスキルが重要。
  • この仕事に向いている人: 対人スキルが高く、目標達成意欲が強い人。

カスタマーサポート

  • 仕事内容: 顧客からの問い合わせ対応、商品説明、事象把握。
  • テレワークが可能な理由: 電話やメール、チャットで対応が完結するため。
  • 平均年収: 約434万円。
  • 転職のしやすさ(職種難易度): 中程度。コミュニケーションスキルが必要。
  • この仕事に向いている人: 丁寧な対応が得意で、顧客満足度を重視する人。

経理や総務などの事務系

  • 仕事内容: 契約書や請求書の作成・管理、社内規定の作成、備品管理。
  • テレワークが可能な理由: 書類作成やデータ入力がリモートで可能。
  • 平均年収: 総務が約366万円、経理が約396万円。
  • 転職のしやすさ(職種難易度): 中程度。基本的な事務スキルがあれば転職しやすい。
  • この仕事に向いている人: 細かい作業が得意で、管理能力が高い人。

カウンセラー

  • 仕事内容: メンタルヘルスのカウンセリング、キャリア開発のサポート。
  • テレワークが可能な理由: オンライン面談や電話でのカウンセリングが可能。
  • 平均年収: 約462万円。
  • 転職のしやすさ(職種難易度): 中程度。心理学の知識やカウンセリングスキルが必要。
  • この仕事に向いている人: 他人の話を聞くのが得意で、共感力が高い人。

こちらについては、最後にまとめで表にしていますので参考にしてみて下さい。

現職を継続し、辞めずにリモート兼業という手もある

現在の環境を変化させることも、候補の一つだと思います。
生活を行っていく中で、仕事というのは大きなストレスの要因の一つになっていると思います。その仕事自体を

・別の仕事に変える(転職など)
・兼業を行い、いつ辞めても良い安心できる環境を作る(FIREや脱サラも視野に)

ことで、気持ちが安定することがあると思います。

ただ、すぐ転職となると気が引ける…という方も多いと思いますので、まずは兼業(副業)からするのも良いかと思います。儲かるようになっても確定申告を自分ですることで会社にもばれないようにすることも可能です。

在宅業務(フルリモートなど)はとてもマッチしていると思います。人と会わないで済むので、人間関係のトラブルや、いらない対応・世間話をする必要がありません。
(私も現在下記の兼業を行っていますが、チャット対応のみのため、ストレスフリーで楽しく行っています。おすすめです。)

在宅で出来る×技術が身に付く×蓄積不労所得化×高コスパのおすすめ副業
サムネイル副業 
kindle出版副業

リモートワークできるおすすめ仕事内容 まとめ

matomeketuronn600・440
職種仕事内容テレワークが可能な理由平均年収転職のしやすさ
(職種難易度)
この仕事に向いている人
SE(システムエンジニア)、プログラマーシステム開発、プログラミングパソコン上での作業が主約498万円(SE)、約423万円(プログラマー)論理的思考ができる人、技術に強い関心がある人
PM(プロジェクトマネージャー)プロジェクト管理、進行管理、予算管理、工数調整メンバー間のコミュニケーションやプロジェクト管理ツールが充実約618万円リーダーシップがある人、計画性がある人
Webマーケターデータ分析、企画・施策の立案、Webサイト改善、Web広告出稿パソコン上での作業が主約499万円データ分析が得意な人、マーケティングに興味がある人
WebデザイナーWebサイトやWebコンテンツのデザインパソコン上での作業が主約444万円創造力が高い人、デザインセンスがある人
エディター、ライター記事執筆、リサーチ、校正、進行管理文章作成とリサーチが主約419万円(ライター)、約498万円(エディター)文章を書くことが好きな人、リサーチ能力が高い人
データアナリスト、データサイエンティストビッグデータ解析、経営課題の可視化、意思決定支援大量のデータ解析がパソコン上で可能約669万円(データアナリスト)、約695万円(データサイエンティスト)データ分析が得意な人、論理的思考ができる人
コンサルタントビジネス課題解決の助言、システム最適化オンラインでのやり取りが主約473万円問題解決能力が高い人、コミュニケーション能力がある人
営業新規顧客との商談、既存顧客のフォロー、契約書作成オンライン商談ツールが充実約389万円コミュニケーション能力が高い人、目標達成意識が強い人
カスタマーサポート電話やメール、チャットでの顧客対応、商品説明、事象把握電話やチャットでの対応が主約434万円顧客対応が得意な人、コミュニケーション能力が高い人
経理や総務などの事務系書類作成、収集、社内規定作成、備品管理個人作業が多く、パソコン上での作業が主約366万円(総務)、約396万円(経理)組織の運営に興味がある人、細かい作業が得意な人
カウンセラーカウンセリング、キャリア開発、人間関係サポートオンラインでのカウンセリングが可能約400万円人の話をよく聞くことができる人、サポートが好きな人
コンテンツクリエイター動画制作、ブログ運営、SNS管理インターネット上での作業が主約350万円創造力が高い人、自己発信が得意な人
翻訳者書類やコンテンツの翻訳パソコンとインターネットがあればどこでも可能約450万円語学力がある人、細部に注意を払える人
オンライン講師オンラインでの授業、コーチングビデオ会議ツールでの授業が可能約400万円教えることが好きな人、コミュニケーション能力が高い人

このまとめを参考にして、自分に適したリモートワークの職種を検討してみてください。テレワークの利点を最大限に活かし、自分のスキルや興味に合った職種を見つけることが成功の鍵です。

コメント