【トラウマ克服】働くことが怖い引きこもりの人が自信をつける方法【仕事・人・ニート】

この記事は約10分で読めます。
hataraku 1280.720

社会的な圧力やトラウマなどの理由から、働くことが怖いと感じる方や、そこから引きこもってしまう人が現在かなりの人数がいるかと思います。
現在の生きづらい世の中で、自信を無くしてしまい、新しいことを始めたり仕事を始めたりなど、社会的な活動に取り組むことが、困難になってしまっているかと思います。
しかしこのような状況でも、自己肯定感を強めるこの記事を読むことで、前進を後押しすることはできます。

本記事では、「働くことが怖くなった人へ向けたトラウマ克服」「自己肯定感の向上」「仕事について」といったところを、解説と紹介をしていきます。
心理的アプローチや具体的な仕事の選択肢を通じて、あなたが自分の人生をより良い方向に導くためのヒントに繋がればと思っています。

またこの記事は、引きこもりの方だけでなく、仕事や社会的な活動に疲れ切っている人々や、新たなチャレンジを模索している方へも。役立つ情報を掲載しています。
自身の成長や未来に向けて前進したいと考えているすべての人に、この記事が何らかの助けとなることを願っています。

【この記事でわかること】

  • 働くことが怖くなった理由や、トラウマが働くことに及ぼす影響について理解できる。
  • 働くことが怖いことに対しての気持ちの軽減方法を紹介している。
  • 引きこもりの人が自信をつけるための心理的アプローチや具体的な方法を学ぶことができる。
  • 在宅ワークやリモートワークなどの仕事の選択肢やそのメリットについて知ることができる。
  • 自己肯定感の向上やポジティブな自己イメージの構築、挑戦と成長への意識の転換が自信をつけるための鍵であることを理解できる。
  • ニートからの脱却や新たな仕事の探求に向けた具体的なステップを知ることができる。

zikoshoukai

働くことが怖くなった理由とは(トラウマ克服に向けた心の準備)

働くのが怖い・就職が怖いと感じてしまう「5」の理由とは

働くのが怖いと感じる理由としては、下記の点が挙げられます。

  • 職場の人間関係
  • 過去に人や災害等トラウマがある
  • 無職期間が長期期間
  • 働いた経験がまだない
  • 自分に自信がない

一番の原因は人間関係に疲れてしまったりして怖くなってしまった方が多いと思います。((厚生労働省の雇用動向調査でも退職理由が「職場の人間関係が好ましくなかった」という理由が多数ありました。
参照・厚生労働省

他には、自分に自信がないことや、働いたことがないこと、虐待や災害などから起こり得ると思います。

そういった、トラウマからの回復は、はじめに何よりも心の準備が必要になります。
自己認識と自己肯定感回復を目指すための準備体操のようなものですね。

ある程度、時間が経つことで気持ちの整理や変化が表れてくるケースは多いと思います。
他にも、旅行に行ったり友人や家族とご飯を食べたり、朝に散歩をするのも良いでしょうか。
そういった流れを経て、トラウマに対する心の準備が整ったら、段々と自信を取り戻すための行動を始めましょう。

トラウマとは何か?(そもそも人が怖い)

トラウマは、精神的だけではなく、人によっては身体的な問題を引き起こすこともある心の傷です。
日常的な活動だったり、人間関係から起こる可能性があります。
(職場の先輩から嫌がらせを受けたり、過労で倒れたりなど)
他にもトラウマは、過去の虐待、事故、自然災害、戦争などの経験によって引き起こされることがございます。

トラウマが働くことに影響を与えるメカニズム

トラウマの内容によっては、働くことに対する恐怖や不安を引き起こす可能性があります。

これは、トラウマ体験によって引き起こされる心理的なメカニズムによるものです。
トラウマは、個人の自己価値感や自己効力感を低下させ、仕事に対する自信を損なうことがあります。
また、トラウマによって引き起こされる不安や恐怖は、仕事中のパフォーマンスや集団での作業能力に影響を与える可能性があります。

トラウマからの解放への第一歩(気持ちの軽減方法)

トラウマからの解放への第一歩は、まずはゆっくり休むことです。
これには、トラウマ体験を受け入れ、それを乗り越えるためのサポートを求めることが含まれます。専門家の助けを借りながら、トラウマに対処するための具体的な方法を見つけることが重要です。このプロセスを通じて、個人は自己成長と自信の向上を実感することができます。

  • 人からの評価は全く気にしないようにする
  • 労働を、まずはポジティブにとらえてみる
  • 失敗を怖がるのではなく、良いことに(可能性)につながる気持ちを持ってみる
  • 会社をいつでもやめられる、と考えて仕事をする

他人の評価を過剰に気にすることで、人が怖くなってしまう原因になります。
価値観や思考は人によって全く異なるので、周囲からの評価を気にし過ぎる必要はありません。

また、「人の役に立つ・感謝してもらえる」ことをすることで、達成感ややりがい充実感に繋がっていくと思います。働くことをポジティブにとらえられるように、気持ちを整理しながら本当にちょっとしたことでも良いので一つ、感謝されることを行ってみて自己肯定感を養っていくことがオススメです。

他にも、失敗しても気にすることはありません。誰でもミスはあります。
最悪、どんな逃げ道だってあります。生きていることが嫌になるくらいなら、今日会社を辞めても良いのです。
何より、失敗するということは経験を一つ積んだということなので、成功に近づいた!という風に思っていきましょう。

働くことが怖いと思う理由の解明と対処法

過去の経験が働くことを恐れさせる理由

過去の経験が働くことを恐れさせる理由は、さまざまです。
虐待やいじめ、仕事上の失敗などのトラウマ体験は、個人の心に深い傷を残し、仕事に対する不安や恐怖を引き起こす可能性があります。
これらの経験は、自己価値感を低下させ、仕事に対する自信を損なうことがあります。

社会への不安と引きこもりの関係

社会への不安は、引きこもりの人々が仕事や社会的活動に積極的に参加することを阻害することがあります。
これは、過度の社会的圧力や人間関係への不安、または過去のトラウマ体験によるものかもしれません。
社会への不安は、個人の自己肯定感や自己効力感を低下させ、仕事に対するやる気を奪う可能性があります。

ニートからの脱却への道(30代40代50代主婦・学生なども)

ニートからの脱却は、自己啓発と精神的な安定が必要になってきます。
これには、自己肯定感を養いながら、家族や友人、市のサービスなどにてサポートしてもらいながら、少しずつ行動していくことが大切です。

働くことが怖い場合の対処法について

大きく分けて、下記のような方法があると思います。

  • 人との関わりがあまりない仕事を選択する(在宅やフルリモート、配達など)
  • 信頼できる人に相談(心の安定)
  • 資格取得や本での勉強、筋トレや生活習慣の見直しなど

心を病んでしまう人の多くは、感受性が豊かで、優しいかたが多いと思います。
社会では、気が強い人や横暴な人の方が生きていきやすい傾向にありますので、その中で無理に虚勢を張って生きていくよりも、自分が苦しくなく楽しくやっていける仕事を探すことが一番良いと思います。
配達業務や、工場などであればあまり人と接することがないので、人付き合いが苦手な人にはお勧めです。

他にも、在宅業務(フルリモートなど)はとてもおすすめです。人と会わないで済むので、トラブルやいらない対応・世間話をする必要がありません。
(私も現在下記の兼業を行っていますが、チャット対応のみのため、ストレスフリーで楽しく行っています。おすすめです。)

在宅で出来る×技術が身に付く×蓄積不労所得化×高コスパのおすすめ副業
サムネイル副業 
kindle出版副業

自信をつけるための心理的アプローチ

自己肯定感の向上に向けたステップ

自己肯定感の向上は、自信をつけるための重要なステップです。これを実現するためには、次のようなステップを考えることができます:

  1. 自分自身を受け入れる: 過去のトラウマや失敗を含めて、自分自身を受け入れることが大切です。過去の経験はあなたを形作る一部であり、それらを否定するのではなく受け入れることが大切です。
  2. 自分の強みに焦点を当てる: 自己肯定感を高めるためには、自分の強みや良い側面に焦点を当てることが重要です。自分の成功や成果に注意を向け、それらを認識し、肯定的に評価することが大切です。
  3. ポジティブになれる行動をしてみる: 自己啓発本を読んだり、運動を始めたり、散歩したり、新しい趣味をやってみたり、バンジーや海外旅行など経験したことがないことを行って、自己肯定感を高めることで気持ちが前向きになっていくことが多いです。

ポジティブな自己イメージを構築する方法

ポジティブな自己イメージを構築するためには、以下の方法が役立ちます:

  1. 自己受容: 自分自身を受け入れることが重要です。過去の失敗やトラウマを否定するのではなく、それらを受け入れ、成長の機会と捉えることが大切です。
  2. 自己肯定: 自分の強みや成功に焦点を当て、自己肯定感を高めることが重要です。自分自身に対する肯定的な評価や考え方を維持することで、ポジティブな自己イメージを構築することができます。
  3. 目標設定と達成: 小さな目標を設定し、それらを達成することで、自己イメージを強化することができます。目標を達成することで、自己成長や能力の向上を実感し、ポジティブな自己イメージを構築することができます。

挑戦と成長への意識の転換

挑戦と成長への意識の転換は、自信をつけるための重要なステップです。これを実現するためには、以下のようなアプローチが役立ちます:

  1. 失敗を学びの機会と捉える: 失敗は成長の機会であり、学びの機会でもあります。失敗から学び、成長することで、自信をつけることができます。
  2. 新しい挑戦に積極的に取り組む: 新しい挑戦に積極的に取り組むことで、自己成長や能力の向上を実感することができます。新しい経験やスキルの習得を通じて、自信をつけることができます。
  3. ポジティブな意識の養成: ポジティブな意識を養成し、困難な状況や挑戦に対して前向きな姿勢を保つことが重要です。ポジティブな意識を持つことで、自信をつけることができます。

在宅で出来る×技術が身に付く×蓄積不労所得化×高コスパのおすすめ副業
サムネイル副業 
kindle出版副業

仕事の選択肢を探る(再就職方法)

在宅ワークと副業の可能性

在宅ワークや副業は、引きこもりの人が自信をつけるための有効な選択肢です。
これらの仕事は、自宅から行うことができるため、外出する必要がなく、社会的な圧力や不安を軽減することができます。
また、自分のペースで仕事を進めることができるため、ストレスやプレッシャーを感じることなく働くことができます。在宅ワークや副業には、データ入力、ライティング、デザイン、プログラミングなどさまざまな選択肢があります。

リモートワークのメリットと適性

リモートワークは、自宅やカフェなどの場所から仕事を行うことを指します。リモートワークのメリットは、以下の通りです:

  1. 柔軟な働き方: リモートワークでは、自分のペースで仕事を進めることができます。時間や場所に制約されずに、自分の生活スタイルに合わせて働くことができます。
  2. 交通時間の削減: オフィス通勤の必要がないため、通勤時間や交通費を節約することができます。これにより、ストレスを軽減し、仕事に集中することができます。
  3. 集中力の向上: 自宅や好きな場所で仕事を行うことで、集中力が向上し、効率的に仕事を進めることができます。

リモートワークに向いている人は、以下のような特性を持っています:

  • 自己管理能力: リモートワークでは、自己管理能力が重要です。自分でタスクを管理し、時間を管理し、仕事を遂行する能力が必要です。
  • コミュニケーション能力: リモートワークでもチームとのコミュニケーションが重要です。適切なコミュニケーション能力を持っていることが求められます。
  • 技術的スキル: リモートワークでは、オンラインツールやコンピューター技術が必要です。技術的なスキルを持っていることが重要です。

働くことが怖い引きこもりの人が自信をつける方法 まとめ

matomeketuronn600・440

「働くことが怖い引きこもりの人が自信をつける方法」を考える上で、トラウマの克服と自己肯定感の向上が重要です。
過去の経験が働くことを恐れさせる理由や、社会への不安と引きこもりの関係について理解し、それらに対処する方法を見つけることが必要です。
また、ニートからの脱却や新しい仕事の選択肢を探ることも重要です。

自己肯定感の向上やポジティブな自己イメージの構築、挑戦と成長への意識の転換を通じて、引きこもりの人々は自信をつけることができます。さらに、在宅ワークやリモートワークなどの柔軟な働き方を選択することで、外出や社会的な圧力を軽減し、自分のペースで仕事を進めることができます。

トラウマ克服や自信の向上は、一筋縄ではいかないかもしれませんが、適切なサポートや取り組みを通じて、着実に進んでいくことができます。
自分自身を受け入れ、ポジティブな姿勢で未来に向かって前進することが大切です。

・副業を行って脱サラ、FIREを目指したい。
・複数の収入を得ながら、いつでも辞められるような環境で安心して会社で働けるようになりたい。
・もっと効率の良い副業がやりたい。
・在宅でできる良い仕事を探したい。
・初心者からでも出来る技術が身に付く仕事がしたい。

という方には「在宅で出来る×技術が身に付く×蓄積不労所得化」につながる
サムネイル副業kindle出版副業をお勧めしていますので、こちらも合わせてみていって下さい。

コメント